【羽田空港】T2/ANAとT1/スターフライヤーの乗換時間の目安【コードシェア便】

日本
この記事は約5分で読めます。

羽田空港においてANAとそのコードシェア便の多くはT2から発着しますが、スターフライヤーは主にJALが利用するT1から発着します。実体験を元にANAとスターフライヤーの乗換にかかる時間(目安)について解説します。

スターフライヤーのみT1

ANA(全日空)とそのコードシェア便(エアドゥ、ソラシドエア)は基本的には羽田空港のT2から発着しています。よって国内線で相互に乗り換えがある場合は到着コンコースから乗り継ぎ用入口を経由して、外に出ることなく速やかに移動可能です。

一方でスターフライヤー(以下SFJ)の関西=羽田便についてはT2ではなくT1の発着となっています。つまり何が起こるかというと、乗り継ぎ用入口が利用できず、一度外に出る必要があるということです。

▼(外部リンク)羽田空港におけるスターフライヤーとのコードシェア便発着ターミナルの変更について/ANA

羽田空港におけるスターフライヤーとのコードシェア便発着ターミナルの変更について
羽田空港におけるスターフライヤーとのコードシェア便発着ターミナルの変更について。サイトに関するお問い合わせやヘルプ、各種約款についてご案内しております。旅の計画・準備はANAのホームページで。

ちなみにスターフライヤーの中でも一部の便はちょっと前までT2出発でした。せっかくならT2に集約してくれた方が助かるのに…。

スポンサーリンク

ANAの推奨する乗換時間

ANAは下記の様に乗り換えに要する目安時間を定めています。

運行会社必要時間
ANA便/ADO便/SNA便35分以上
SFJ便およびJALグループ便50分以上
*2022/08/02時点

必要時間は定刻通りに発着して最低このくらい必要というレベルなので、1本目が遅れると乗り継ぎ失敗する可能性もあることに注意が必要です。

なお、今回のANAからSFJへの乗り換えですが、人は外に出ないといけない一方、預かり荷物については問題なく目的地に運んでもらえます。これだけでも重たい荷物を引きずってターミナル間を移動しなくていいので楽ですね。

詳しい情報、最新の情報は下段のANAサイトもご覧ください。

▼(外部リンク)乗り継ぎのある方のお手続きについて/ANA

乗り継ぎのある方のお手続きについて | ご旅行の準備 [国内線] | ANA
【ANA公式サイト】ANA運航便への乗り継ぎ(国内線間、また国内線から国際線)や他社航空が運航する飛行機への乗り継ぎについてご案内いたします。羽田空港・伊丹空港・那覇空港など、空港によって乗り継ぎ必要時間が異なります。国内線でのご旅行の準備に関する情報はこちらから。国内旅行のお役に立つ情報が満載。旅の計画・準備はANA...
スポンサーリンク

実際に乗換にかかった時間

前提

今回実体験に基づいて所要時間と乗り換えルートについて紹介しますが、下記のような前提条件をもとにしています。

No.便名区間出発時間到着時間備考
1ANA572稚内=羽田13:15
13:25
15:15
15:25
到着遅延
2ANA3827羽田=関西16:3017:55

搭乗日は8/2。ご覧の通り恐れていた遅延が多少発生していました。

実際の乗換時間

下記のフェーズごとにかかった時間を紹介します。左から右につれて時間が進みます。

降機

時刻/15:24 経過時間/0分

通常通りに到着しても次の便まで75分しか時間がないのですが、10分程度遅延していました。

稚内=羽田便の到着は搭乗橋(ボーディングブリッジ)を利用しない、いわゆる「沖止め」でありバス移動でした。

到着コンコース

時刻/15:30 経過時間/6分

バスが到着した到着コンコース。

ここからはすぐに到着出口につながっているので、以外にも次のバス乗り場までは時間は掛かりません。

なお先ほど説明したように荷物は最終目的地の関西空港まで運んでくれるので手荷物受取所はスルーしてもOKです(最初の搭乗時に手続きが必要)。

到着出口からでると、バスチケット販売カウンターの近くであり、次のバス乗り場もすぐ近くです。

バス乗場

時刻/15:32 経過時間/8分

T2におけるターミナル間の無料連絡バスは9番乗場(降場)です。

ここでしばしバスを待ちます。

バスの乗り換え時間については下記を参考いただきたいですが、日中帯は概ね8分おきに運行されているようです。

▼(外部リンク)ターミナル間移動/羽田空港

ターミナル間移動 | アクセス | 羽田空港旅客ターミナル
ターミナル間移動のアクセスをご紹介します。羽田空港旅客ターミナル公式サイトです。

ちなみにバス以外にも地下通路(400m)を利用する方法もあります。

バスの所要時間は3分程度。

バス降場

時刻/15:40 経過時間/16分

T1におけるターミナル間無料連絡バスの降場(乗場)は8番乗場です。

バスが到着するのは到着ロビーなのでエスカレータで到着ロビーへ。

保安検査

時刻/15:44 経過時間/20分

SFJとそのコードシェア便に搭乗する方の保安検査はA検査場が指定されています。端っこなので頑張って歩きましょう。

なおSFJの保安検査場通過は搭乗20分前と定められていますので、リミットは16:10です。

A検査場の隣にはSFJのカウンターもありますので、何か手続きが必要ならどうぞ。

保安検査場を通過しました。

私の搭乗した関西便は搭乗口が1番で、これも同じく端っこ。頑張りましょう。

搭乗口

時刻/15:48 経過時間/24分

時間があれば途中にあるカードラウンジ「POWER LOUNGE」を利用するのも良いでしょう。今回はそんな時間は無いのでパス。

そして搭乗口1番に到着。ここまで掛かった時間は飛行機を降りてから24分でした!

スポンサーリンク

まとめ

乗り換えにかかった時間は24分!

実際にはそれぞれの搭乗便の到着、出発口は異なるでしょうし、バスの乗り換えタイミングもあります。そして私がよく羽田空港を利用していることもあって土地勘があることもスムーズに行けた要因であると考えています。

実際にはそれらを考慮しても35分程度で乗り換え可能ではないでしょうか。

ちなみに飛行機の出発時間、到着時間はそれぞれ飛行機が動き出した時間、止まった時間を指すそうです。そして前述の通り保安検査場締め切りが出発時間20分前となりますので、ANAの定めた最低の50分の乗り換え時間のうち保安検査場通過まで利用できるのは30分となります。

よって、羽田空港に慣れていない方については50分と言わず、最低60分は見ておいた方が良さそうなのが私の考えです。

羽田空港は首都東京の空港と言うこともあり、地方と地方を乗り継ぐにはとても便利な空港になっています。この情報が羽田空港でANAとSFJ便への乗り換えを考えている方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました