ジェローニモス修道院観光、そしてランチ【2日目】

この記事は約 5 分で読めます。

ポルトガルのリスボンからスペイン南部マラガへ寄り道しながら2週間かけて巡る旅。2日目は到着後早速リスボン観光へ。後編はベレン周辺の観光へ向かいます。

目次

この記事の旅程

▼この旅の一覧、費用のまとめはこちら。

あわせて読みたい
【まとめ】ポルトガルやスペイン南部を巡る2週間の旅 2023年の冬はポルトガルのリスボンからスペイン南部マラガへ寄り道しながら2週間かけて巡ります。 【概要】 引用:Google My Maps 今回テーマはいくつか用意しました。 ...

01.リスボン

ジェローニモス修道院

ベレンの塔の観光を終え、次は周辺でランチを…と思っていましが、なんとなく行ってみたかったお店は休日のようであきらめ、取り敢えずジェローニモス修道院あたりまで戻ることに。

ここベレンの塔付近までベレン駅から徒歩で来ましたが、結構距離があるので戻りは路面電車を活用。これもリスボアカードのおかげ。

ジェローニモス修道院周辺へ到着。そしてなんと天気のいいこと…!

ヨーロッパの中でも南に位置するポルトガルは12月であっても日中の気温は20度弱あり、多少荷物をもって歩いていると汗ばんできます。

ジェローニモス修道院へもリスボアカードがあれば無料で入場可能。

入場に当たっては、チケットカウンターで入場券に引き換える説と直接リスボアカードで入られる説がありましたが2023年12月時点では後者の「リスボアカードで入られる」が正解でした。

なお、チケットカウンターもこのジェローニモス修道院への入場口どちらも長蛇の列ができていました。

入口の方は一度に多くの客が入って混雑を防ぐことが目的だと思われます。入場まではおおよそ20分で入場できました。

待ちたくない方は朝一番で行くといいかもしれません。ここに限らずどこも朝一番はかなり空いていますので…。

内部に入りましたら2Fから順路にそって順々に巡っていきます。

さて、ジェローニモス修道院と言えばこの回廊が見どころです。

中庭を囲んでぐるっと一周、美しい回廊が続いています。

点対称な造りがまた整理された感じでいいです。

マヌエル様式と呼ばれるポルトガル独自の様式のこの建物は、装飾が細かくほどこされているのが特徴で、これらを見て回るのが楽しいところ。

柱の一部。

見学は回廊だけではなく、隣接するエリアも見どころ。

ここはアレクサンドル・エルクラノというポルトガルの小説家のお墓の部屋。他にも皆さんよくご存じヴァスコ・ダ・ガマのお墓もあるのですが、残念ながら撮り忘れたようです…。

食堂。広すぎて落ち着かなさそう…。

観光地情報

スクロールできます
観光地名ジェローニモス修道院 / Mosteiro dos Jerónimos
住所Praça do Império 1400-206 Lisboa, ポルトガル
電話番号+351 21 362 0034
URLwww.visitlisboa.com/en/places/jeronimos-monastery
営業時間09:30~18:00

ランチ/Restaurante Ver Belem

ゆっくりとジェローニモス修道院の観光を楽しみまして、ランチへ。

ジェローニモス修道院近くには飲食店が多く立ち並び、今回はこの「Restaurante Ver Belem」を利用しました。

注文したのはポルトガルの伝統的な料理の一つであるバカリャウ(Bacalhau)、日本語ではタラを使った料理!

バカリャウ料理も色々ありますが、シンプルにガーリックでソテーされた料理にしました。

白身魚ですのであっさりとしていますが、ガーリックの香りづけがいい感じのパンチを聞かせています。

さて、もう少し観光したいところですが、飛行機で一睡もできずに観光をしているため、この辺りで限界を迎えました。

ホテルへチェックインすべくリスボン中心部へと戻ります。

飲食店情報

スクロールできます
飲食店名Restaurante Ver Belem
住所R. Vieira Portuense 84, 1300-085 Lisboa, ポルトガル
電話番号+351 920 514 905
URLrestauranteverbelem.eatbu.com/
営業時間12:00~22:00

ホテル/easyHotel Lisbon

ロシオ広場まで戻ってくるとクリスマスマーケットが開かれており、賑わっておりました。

手配しましたホテルはロシオ広場から北方向へ2駅、マスケル・デ・ポンバル駅近くにある「easyHotel Lisbon」です。

少々トラブルはあったものの、立地条件等はいいので紹介しておきます。

部屋は1~2人向けの最も安い部屋。

スペースはあまりないですが、寝泊まりするだけなら問題なしです。

あと安さゆえか机もありません。そのあたりは分かったうえで予約しているので特に不満はなしです。

枕元にはUSBの充電端子が設置されているのはうれしいポイント。

バスルーム。

バスタブはなしでシャワーのみです。あと部屋の設備としては冷蔵庫もありません。

なお、ホテルのすぐ近くにスーパーがあるのでちょっと買い物をするのにかなり便利でした。

さて、まだ15時程度と時間は早いですが、明日に備えて休みます。明日はずっと行ってみたかったヨーロッパ最南端、ロカ岬

ホテル情報

スクロールできます
ホテル名easyHotel Lisbon
住所R. de Santa Marta 60, 1150-006 Lisboa, ポルトガル
電話番号+351 21 052 0600
URLeasyhotel.com/hotels/portugal/lisbon/lisbon
予約公式HP
hotels.com

(参考)通常掛かる費用

リスボアカードを利用しない場合にかかる費用は下記の通りです。

観光地/交通手段費用(EUR)
中編繰り越し19.95
トラム×26.0
ジェローニモス修道院12.0
合計37.95

合計金額とリスボアカード24時間(22EUR)を比較すると15.95EURお得(約40%OFF)でした!

次の記事

あわせて読みたい
シントラにあるカラフルな「ペーナ宮殿」を観光!【3日目】 ポルトガルのリスボンからスペイン南部マラガへ寄り道しながら2週間かけて巡る旅。3日目はリスボン西方面のシントラとユーラシア大陸最西端ロカ岬へ行きますが、まずは...

ヨーロッパの便利グッズ

*対応していない国もあります。

サンワサプライ(Sanwa Supply)
¥1,173 (2024/06/07 13:54時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

*このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシー ポリシー利用規約が適用されます。

目次