【大阪梅田/中津ランチ】モロッコ料理のお店「Le Marrakech(ル・マラケシュ)」

大阪
この記事は約4分で読めます。

大阪の梅田エリアにあるモロッコ料理のお店「Le Marrakech(ル・マラケシュ)」。大阪では珍しいアフリカの料理がいただけるお店です。

スポンサーリンク

梅田エリアでランチにも便利!

お店はなにわ筋線沿いの梅田スカイビルの近くにあります。主要な駅からのアクセスを紹介します。一番近いのは阪急中津駅で、それ以外は徒歩で約15分くらいの距離です。

JR大阪駅/梅田駅からのアクセス

高速バスターミナルから、向かいに見えている「梅田ランプ東」交差点を直進。

右手に梅田スカイビルと再開発地域が見えます。

梅田貨物線の踏切を渡ります。近々地下化される(?)かもしれないので目安としては微妙…。

この「福島6」の交差点を右折すれば難波筋。後は「大淀中1」の交差点まで直進するのみ。

なお大阪環状線福島駅から行くのも良いでしょう。駅を降りたらなにわ筋なので一本道。(ちょうどこの交差点の左手に進んだところにあります)

Osaka Metro中津/阪急中津からのアクセス

Osaka Metro中津駅の1番出口からのアクセス。丁度この交差点を渡って、タワマンの右手に進みます。

JRの高架(梅田貨物線)の下をくぐります。

丁度高架をくぐった所。奥には梅田スカイビル。

そして画像中心には緑色の屋根が特徴的な建物。左折し、こちらの建物の前を直進します。

向かいに見えている次の高架が阪急の路線で、右手に阪急中津駅があります。

阪急中津駅から行く方は、ここから見ればOK。

ここの高架もくぐりまして、すぐに階段があるので昇ります。

階段を昇れば「中津」の交差点。

こちらを道なりにすすみます。(つまり左手へ)

最後はひたすらなにわ筋との交差点へ直進。

向かいの高架は左手に進みましょう。

最後に「大淀中1」の交差点を左折。少々大型の車が多く走っているようなので、少し路地の方を進んでもいいかもしれません。

スポンサーリンク

初めての体験!モロッコ料理…

お店の様子

お店はこのようなピンク色の建物でわかりやすい。

ちなみに店名の「Le Marrakech」にあるマラケシュとはモロッコの都市の名前です。

丁度開店時間に行ったのでお客さんは私一人だけでした。

1F~3Fまであり、最上階はオープンテラスになっているみたい。なお、モロッコ雑貨の取り扱いもあります。

多分調味料の容器だと思いますが、タジン鍋の形になっていて可愛らしいですね。

タジンランチ(ホリデーランチ)をいただく

祝日は2つのランチがチョイス可能。「ランチ予約限定コース」もあるので、気になる方は公式HPをご確認ください。

私は「タジンランチ」の方にします。

まずはサラダ。手前に見えているのは米ではありませんが、小さくて小粒の何かの穀物。ちょっとカレーのような風味がしました。

次は「ハリラ」と呼ばれるスープ。こちらはビーフシチューのような風味が食欲をそそります。

ちなみにこの大型のレンゲ(?)が付いてきます。

具材はしっかりと煮込まれておりますので、多くはスープに溶け込んでいます。

十分な時間をかけて煮込んでいるのでしょうか。ときどき入っている骨と思われる具材も簡単にかみ砕けます。

そしてメインディッシュのタジン。本日のタジンは多分牛ミンチのタジンですね!

ちなみにこれだけだと皿に盛ってるようにしか見えませんが、あのタジン鍋の特徴的な容器を上にのせて、グツグツのまま、ベルベル人シェフがテーブルまで持ってきてくれました。

熱いのでやけどしないように…。

中心には半熟卵がセットされていました。

特に香りがきついとか、辛いとかではないのですが、香辛料が多く使われているためか、結構汗をかきました。

そしてこの牛ミンチのタジンは、外国料理にあるような独自のクセもなく、とても美味しくいただけました。

まとめ

今回は大阪にある、全国でも珍しいであろうモロッコ料理のお店「Le Marrakech(ル・マラケシュ)」に行って来ました。

少々歩きますが梅田エリアにあり、大阪市内のオフィス街の近くにありますので、平日のランチにも利用できるでしょう。

中々いただくことのできないアフリカ料理を身近に感じることができるお店。是非伺ってみてはいかがでしょうか。

店舗情報

店舗名Le Marrakech(ル・マラケシュ)
住所〒531-0076 大阪府大阪市北区大淀中1丁目17-7
電話番号06-7177-1823
URL(外部リンク)公式HP
営業時間ランチ
11:00~14:00
ディナー
18:00~22:00(LO 21:00)
定休日日曜/第2・第4月曜休み
+不定休
備考営業時間、定休日等は公式HPを参照のこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました