駐車料金が無料? 神戸-関空ベイシャトルが結構便利かもしれない件。

兵庫
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

有馬温泉の帰りに気付いた

そう、温泉へ行った帰り道

大阪から日帰り有馬温泉に行ってきた。
有馬温泉 言わずと知れた兵庫県の温泉郷。 地理的には神戸市東部に属します。 こちらの温泉の特徴は二種類の泉質。 金泉:含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉 銀泉:炭酸ラジウム混合低温泉 中でも金泉は成分に含まれ...
わたし
「神戸空港って行ったことないんじゃね?」

と気付いたのです。

当たり前と言えば当たり前。

大阪南部住みの私、通常は関空を利用し飛んでいない所は伊丹。

そして神戸から飛んでいて関空・伊丹と被らないのは茨城くらいかな?

なので基本遠いし利用することがない!

そこでついでなので一度行ってみようと思った次第でございます。

そして暇なので次いでに船で帰ってみようかと考えたのです。

スポンサーリンク

船。高速船があるんだよ

今までに何度か耳にしたことはあったんですが、神戸空港-関西空港間を結ぶ高速船があるんですよね。そう、

神戸-関空ベイシャトル

時刻表 | 神戸-関空ベイ・シャトル

そもそもな話、関空に港?があること自体よく知りませんでした。

どうやって乗るんだろう、降りるんだろうと思うところは色々あったものの、

とりあえず乗ってみればわかるよね!

スポンサーリンク

お得なチケット(三ノ宮から)

三ノ宮からポートライナーに乗って行きます。

調べているとお得なチケットがあることを知りました。

ポートライナーセット券

ポートライナー三ノ宮駅のインフォメーションで購入できます。

何がお得かというとポートライナー運賃と米シャトル運賃がセットになって、ポートライナー三ノ宮-神戸空港間の費用相当分が0円になるのですよ!

お値段片道のみで1850円!

神戸空港行きへ乗ります。

Sponsored Link



スポンサーリンク

空港の港はどこ?

空港の港って変な言い方ですが…。

ポートライナーで空港へ着いたら1階到着ロビーへ行き、外へ出ましょう。

画像の看板にもあるように、左折してすぐ近く(丁度見切れている部分)に連絡バス乗り場があります。

が、別に荷物も持っていないですし徒歩10分くらいの距離なので今日は歩いていきました。

ちなみに画像の横断歩道を渡ってまっすぐ。

突き当りを左折。

次の交差点を右折です。

後はもう道形に進んでいけばターミナルへ着きます。

スポンサーリンク

乗ってみる

ちなみにターミナル入って右側直ぐにチケットの券売機があります。

普通に買うのならこちらを利用しましょう。

このターミナルビルですが、自動販売機はあるものの食事処はないので何か食べたいのなら空港ターミナルビルの方で済ませるか買っておきましょう。

こちらが乗る高速船。

乗船開始は搭乗時刻5分前から。

離岸した船は西へ進み、神戸スカイブリッジ(連絡橋)の下をくぐり後はひたすら南進。

景色がきれいだな。

そして乗ること30分、関空へ到着です。

場所と言えば、

ここ。

上の赤いクイーンの駒みたいな灯台は港の出入口になっている堤防の先にあります。

ポートターミナルからはシャトルバスが乗客を待ってすぐに出発し、第一ターミナルの国際線出発フロアへ行き、その後は第二ターミナルまで行きます。

スポンサーリンク

結論

三ノ宮近辺またはそれより西に住んでいる方は結構便利なんじゃないでしょうか。

リムジンバスと競合しているので今回使ったような割引券があるのでしょう。

そして神戸側の駐車場ですが、

駐車場 | 神戸-関空ベイ・シャトル

ベイ・シャトルをご利用のお客様は、神戸側専用駐車場がご旅行期間中何泊でも無料です。 片道のご乗船でもOKです!(上記ベイシャトルHPより)

これめちゃくちゃいいんじゃないでしょうか。

関空で1週間(7日間)車を止めると、11,300円かかります。

家族4人で行くと同じくらいのコストになりますが、カップルや2,3人だとこちらの方が良いかもしれませんね。

三ノ宮からだとバスでも高速船でも大して所要時間は変わりません(少しバスが早い)。

ただ船の方は正味の乗船時間は30分くらいですし、時化ってない限り渋滞もなくて便利です。

大海原を直進するのも気持ちいいですし、景色もきれいです。

一点補足。

関空側駐車場やその辺に関してですが、KIX-ITMカードを作れば割引が効きます。

なんと駐車代金は25%OFF

年会費無料ですし、これはこれで作るべきですね。

KIX-ITMカード|もっとおトクに、もっと素敵な旅になる一枚|関西国際空港・大阪国際空港
KIX-ITMカード公式サイト。もっとおトクに、もっ&...

皆様も交通費を工夫してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました