大阪から飛行機で城崎温泉へ!但馬空港へサーブに乗って行ってみた

兵庫
この記事は約3分で読めます。

2019/10/22

SAAB(SAAB340B)は2018/5/6に引退し、今はATR(ATR42-600)で運行されています。
ATRもそのうち乗ってみようと思います。

スポンサーリンク

飛行機?

そう、まず初めに「飛行機?」と思いますよね。

だって城崎温泉って電車とか車とかで行くところじゃん!?

これがあるんですね。

日本エアコミューター(JAC)が伊丹=但馬(城崎温泉最寄り)間を運航しています!

今回は

・城崎温泉へ行きたい

・小型飛行機に乗ってみたい

・関西圏以外から伊丹乗継を考えている人(主に関東から)

といった点がポイントですね。

伊丹空港が兵庫と大阪の境界線上にあるという細かい話はおいておくと、兵庫県内のフライトなんです!

しかも日本エアコミューターはJALグループなのでちゃんとJALのマイルだってたまります。

一説にはJAL上級会員を目指すための所謂「マイル修行」で人気の路線なんだとか。(09:05伊丹発に乗れば10:50には帰ってこれるようです)

わずか40分のフライトで直ぐに到着です。

スポンサーリンク

[往路]飛行機

伊丹=コウノトリ但馬

飛行機代は8,100円かかるのですが、今回はたまっていたマイルをe JALポイントに交換して乗ったので飛行機代は0円です。

このe JALポイントは10,000マイル=15,000e JALポイントに交換可能です。

もちろん1e JALポイント=1円で利用できます。

日本エアコミューター  JN2321
伊丹空港
2016/11/0709:05
コウノトリ但馬空港
2016/11/0709:45

フライト時間40分と書きましたが、早く着いたので正味30分くらいではないでしょうか。

ちなみにこの空港へは伊丹空港から1日2往復のみ飛んでいます。

乗り継ぎを考えている方は、

http://www.tajima-airport.jp/index.html

こちらに東京からの乗り継ぎ便がトップ画面で説明されています。

2017年11月現在だと今回のJN2321便に合わせようと思ったら、羽田発JL103便(07:30-08:40)に乗れば伊丹で乗り継ぎできるようです。

東京以外から来る方も、これを参考にすればうまく乗り継げると思いますよ。

使用機材はSAAB340B(SF3)

ボーイングでもなく、エアバスでもなくスウェーデンメーカーのサーブです!

実はこの飛行機近々退役する予定(2018/5/6)なので、今回挑戦してみることにしたのですよ。

この30人そこそこの座席数の小型機は、搭乗ゲートからバスで移動しこんな感じでボーディングブリッジを使わず(使えない?)、飛行機から直接下す梯子で乗り込みます。

よくよく見ると、旧塗装。

今の鶴丸に戻る前の「太陽のアーク」ですね。

天気も良く、揺れなくてよかったです。

あまりにも区間が短すぎるので、シートベルト着用サインが消えて5分後にはまた点きます。

もちろん飲み物サービスはないのですが、写真にあるJACのルートマップと飴ちゃんをいただけました。

コウノトリ但馬空港でYS-11が展示されている

そんなこんなで空港に到着。

空港は非常に小さいので駐機スポットに着いて飛行機から降りてから空港の外に出るまでわずか3、4分くらいです。

そして何故かこの空港は往年の名機、YS-11が展示されています!

何故ここにあるのか?

その経緯が説明されていました。

今回は但馬空港到着まで。

次回は温泉と観光をお届けします。

タイトルとURLをコピーしました