【信濃大町】プレミアム付きタクシーチケットとくとくタクシーで40%お得に!

NEWS
この記事は約3分で読めます。

大町市観光協会を始めとした4団体は、大町市内発着のタクシーで利用でき、40%お得になる「プレミアム付きタクシーチケットとくとくタクシー」を販売しております。

スポンサーリンク

ポイント

  • 観光目的の大町市内発着のタクシーが対象
  • 5,000円相当のタクシーチケットを3,000円で販売
  • 販売期間は2022年4月18日(月)〜完売まで
スポンサーリンク

キャンペーン概要

大町市観光協会、大町温泉郷観光協会、アルピコタクシー、アルプス第一交通は、大町市内発着のタクシーで利用でき、40%お得になる「プレミアム付きタクシーチケットとくとくタクシー」を販売しております。

チケット名プレミアム付きタクシーチケットとくとくタクシー
販売価格3,000円(500円×10枚で5,000円分のタクシーチケット)
販売冊数2,500冊(売り切れ次第終了)
販売期間2022年4月18日(月)〜完売まで
販売場所大町市観光協会
大町温泉郷観光協会
アルピコタクシー大町支社
アルプス第一交通本社
利用要件観光を目的とした大町市内発、もしくは大町市内着のタクシー利用が対象です。
利用できるタクシー会社アルピコタクシー・アルプス第一交通
その他*利用上の制限や注意事項は公式HP参照のこと。

▼(外部リンク)プレミアム付きタクシーチケットとくとくタクシー/信濃大町ナビ

信濃大町プレミアム付き観光タクシーチケット とくとくタクシー | 大町市観光協会
電車やバスでお越しのお客様にも時間のムダなく思い通りに信濃大町を楽しんでいってもらいたいという思いから生まれた、3,000 円で購入して 5,000 円分使えるお得で特別なタクシーチ ケットです。

内容説明

信濃大町として知られている、長野県大町市。

関西人には中々馴染みのないエリアですが、大町市は長野県の北西部にあり、北にはスキーで有名な白馬村。南には風光明媚な景色が見られる安曇野市に挟まれた都市です。

そして松本市から北に延びる松本盆地の終わりの街と言ったところでしょうか。

信濃大町は、富山から長野に至る立山黒部アルペンルートの長野側玄関口としての役割を持っており、北アルプスの山々への登山へも便利な地域となっております。

つい先日、私も信濃大町を少し観光してきました。私の場合登山ではなく、大糸線沿線観光の一環として訪れた訳ですが…。

▼大糸線沿線観光/信濃大町

少し街並みを散策してみると静かな街であり、周りの山々の風景がステキなところでした。街中には女清水、男清水の物語をもとにした湧水があったりと風光明媚なとこです。

さて、「プレミアム付きタクシーチケット」は観光客を対象に5,000円相当のタクシーチケットを3,000円で販売するものです。その割引率は何と40%であり、最大1人4冊購入可能となっています。

利用できるタクシー会社はアルピコタクシーとアルプス第一交通。その他利用の条件(制約)があるので公式HPをご覧ください。

では具体的にどこまでどのくらいの料金がかかるのか?登山口限定ですが、その目安がアルプス第一交通のHPに記載がございましたので、下記をご覧になってください

▼(外部リンク)アルプス第一交通

第一交通のタクシー 大町・安曇野エリア | 長野県大町・安曇野地区でのタクシーのご利用は第一交通へ
安曇野地区 タクシーのご用命は 0000-00-0000 大町・安曇野地区でのタクシー観光コースや貸切タクシープランをご紹介。 ご利用頂ける多種・多様なサービスもご確認いただけます。長野県大町・安曇野地区でのタクシーご利用は松本第一交通へ。

チケットの販売場所ですが、電車で行かれる場合は大町市観光協会かアルプス第一交通本社が駅前にあるので便利です!

ゆったりとした大町を始めとした信濃エリア観光、そして北アルプスへの登山に便利ですので、予定のある方はご利用されてはいかがでしょうか。

ニュース一覧


※キャンペーン内容については遷移先サイトで十分ご確認の上お申し込みください。

※記載情報の取り扱いについてはプライバシーポリシーの免責事項に準じます。

おうち時間を楽しもう

Amazon prime video

対象の映画・TV番組・アニメ見放題
30日間無料トライアル
 *キャンセルのない場合有料会員に自動移行
お急ぎ便・お届け日時指定便使い放題
500円/月または4,900円/年(税込)

U-NEXT

見放題作品数NO.1の動画サービス
 *GEM Partners株式会社調べ、2020年5月時点
31日間無料トライアル
 *キャンセルのない場合有料会員に自動移行
最新作もぞくぞく配信
1,990円/月(税抜)

NEWS
スポンサーリンク
遠歩き。をフォローする
遠歩き。

コメント

タイトルとURLをコピーしました