【2022】キプロスの携帯通信会社CytaのSIMの購入、動作状況など

この記事は約 2 分で読めます。

キプロスでの携帯通信会社最大手CytaのSIMを購入。2022年12月時点のプランやそと動作状況などを説明します。

目次

Cytaとは

Wikipedia英語版によると下記の説明がありました。

The Cyprus Telecommunications Authority (Cyta), a semi-governmental organisation incorporated by law, is the leading provider of Integrated Electronic Communications in Cyprus.

キプロス電気通信局 (Cyta) は、法律によって法人化された半政府組織であり、キプロスにおける統合電子通信の主要プロバイダーです。

引用:Cyta/Wikipedia

そしてボーダフォンとのネットワークパートナーシップ合意に基づき、「Cyta-Vodafone」というブランドで運営されています。

iPhoneでの表記を確認してみると省略して「Cyta-Voda」という名前で表示されていました。

プラン

購入に当たっては

・SIMカード
・Top-up

2つの費用が確実に必要です。

インターネットや通話をするためのTop-upプランについてはあまり確認せずに購入しましたが、見てみる限り「soeasy Plus」というプランです。

金額(ユーロ)容量(GB)有効期間(日)
101030
202530
355030

ちなみに私は20ユーロのプランを購入。1週間程度なら正直ここまでいらないですが念のため…。

もう1つ「soeasy Mobile Internet」と言うプラン。

金額(ユーロ)容量(GB)有効期間(日)
5230
10630
151230

正直あまりメリットを感じません。

動作状況

キプロス国内

5Gに対応しているはずなんですが、なぜか「3G」しかつかみません。

一応Cytaの対応バンドを調べてみました。

種類バンド
3GB1
4GB3
4GB7
4GB20
5Gn78

iPhoneの方(正確にはiPhone 13 Pro)が幅広いバンドに対応しており、これらは全て網羅していました。

色々頑張りました結局つながらず3Gのまま。若干ストレスが溜まります。

北キプロス(ニコシア市内)

キプロスにほど近い場所でも御覧の通り「EDGE」になりました。

この状態になると完全につながらないか、つながっても遅すぎて使い物にならないです。

あきらめて別の手段を探しましょう。

ちなみに日本のahamoが非公式ながら北キプロスの「KKTCELL」を掴みます。

キプロスのガイドブック

編集:地球の歩き方編集室
¥1,683 (2024/04/15 13:37時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

*このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシー ポリシー利用規約が適用されます。

目次