【2024】スペインのコインランドリーの使い方

この記事は約 3 分で読めます。

スペインでの旅の途中、コインランドリーで洗濯してきましたので使い方を説明したいと思います。

  • 大量の洗濯物を一気に洗える
  • 連泊できないケースに便利
  • 料金もリーズナブル
目次

手洗い用グッズも便利だが…

さて、今回はポルトガルからスペインにかけて2週間周遊する旅でした。

長期の旅となると、もちろん洗濯ものが出てくるわけで、旅の間はこの手洗い用の便利な洗濯用の袋を利用しておりました。

アタック
¥1,600 (2024/03/02 15:28時点 | Amazon調べ)

この商品は、毎日出る下着類のような小物の洗濯には大変便利なのですがズボンや、シャツの上に羽織るようなちょっと大きい服を洗濯するのには適していません。

ホテルのサービスを使えばもちろん洗濯してもらえますが、有料でそれなりの費用がかかりますし、連泊していないと使えないサービスです。

そんな時はホテル近くにあるコインランドリーを利用するのが良いでしょう!リーズナブルな価格で大量の洗濯ものを一気に洗濯できます!

でも海外のコインランドリーってどうやって使ったらいいのかと分からないこともありますよね?今回は私が宿泊したトレモリーノス(マラガ近郊の都市)のコインランドリーを例に使い方を説明したいと思います。

使い方

各コインランドリーの機械の使い方は異なります。ここでは大まかな使い方や、スペイン語による表記の意味を参考にしていただければと思います。

今回参考とするのはこの「Colada Expres Torremolinos」。私が宿泊したホテル近くに合って、繁華街に面しており、人の目にもつくので治安的にも安心できる店でした。

このお店では洗濯機と乾燥機が別でしたので、それぞれの使い方を説明したいと思います。

手順

STEP
ドアを開けて洗濯物を投入し、ドアを閉める
STEP
温度の選択し、ボタンを押す
STEP
コイン投入で開始

洗濯機も乾燥機も手順は同じです。

洗濯機

基本的には日本のコインランドリーの使い方と大きな違いはありません。違いは温度の選択ができるくらい。

温度設定できる店は日本にもあるかもしれませんが、私は使ったことが無いです。

こんな感じで温度を選択できるのですが、もちろんスペインの機械なのでスペイン語な訳で…。

これらの役割について施設内の解説を元に各温度の標記と参考をまとめました。

選択肢意味
FRIO冷たいウール
TEMPLADO温かい合成繊維
CALIENTE熱い色物
MUY CALIENTEとても熱い白物

このような意味になります。

合成素材が多かったので私の場合は「TEMPLADO」を選んで選択しました。

乾燥機

乾燥機についても洗濯物を入れた後には温度設定をしましょう。

選択肢意味
ALTA
MEDIA
BAJA
SIN CALENTAMIENTO冷風

こちらについては具体的な用途例は冷風がカーテン向けであることしか分かりませんでした。私の場合、MEDIAを選択しましたが、特に縮んで利用できないとかそういったことはありませんでした。繊細な衣類を利用しない限りはそれほど気にする必要はないかもしれませんね。

まとめ

旅の経験を例に、スペインのコインランドリーの使い方を紹介しました。

スペインのコインランドリーでは温度選択の意味が分かればそれ以外は日本の使い方と特に変わらないことが分かりましたね!

長期の旅行で洗濯物が多くある場合、手洗いには厳しいズボンを洗う際は、コインランドリーを利用することをおススメします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

*このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシー ポリシー利用規約が適用されます。

目次