【2020年】Go To トラベルで行く格安沖縄旅行!

旅行関連
この記事は約6分で読めます。

10月からはクーポン配布も始まりますね。現時点でも旅費の35%負担はしてくれるのでかなり格安で旅行することができます。今回はそんな「Go To トラベル」と「エアトリ」を利用して22,390円の格安沖縄旅行をしてきたので、そのおすすめ手配方法や、注意点を説明したいと思います。

スポンサーリンク

まずは注意点

旅行先に関して

まずはその旅行先がコロナに対してどういう体制を取っているかを確認すべきです。

国としての非常事態宣言は終結していますが、都道府県や市区町村独自(離島など)の非常事態宣言が出ていたりします。沖縄も9/5に解除されたところです。

旅先のコロナに関する体制を確認するには都道府県の公式HPや、都道府県の旅行関連団体のHPを確認することで分かります。ちなみに沖縄は県基準の第3段階の警戒水準(9/20時点)にあるものの、旅行者の来県自体を拒んでいるわけではないようです。

▼沖縄県HP/

新型コロナウイルス感染症に関する各種情報について/沖縄県

▼沖縄県観光情報WEBサイト/知事メッセージ/旅行者のみなさまへ

知事メッセージ/旅行者のみなさまへ
沖縄観光の総合情報ポータルサイト。沖縄県内で行われるイベントや、観光・旅行に役立つ情報が満載です。観光施設や飲食店、現地ツアー情報まで、最新の沖縄観光情報をお届けします。

また、当たり前ですが、マスクをする、三密を避ける等、普段の生活で実施していることは旅先でも同様です。

Go To トラベルに関して

Go To トラベルの注意点はいくつかありますが、個人的に思う最も大きな注意点は「単なる移動の交通費は対象外」ということ。

どういうことかと言うと、私がいつもよくやる「航空券は航空会社サイトで、ホテルはホテル予約サイトで予約」のような別々予約をすると、重たる費用を占めるであろう航空運賃は対象外となってしまうのです。

必ず宿泊を伴うツアーであったり、いわゆるダイナミックパッケージ(航空券+ホテル)のような取り方をしないといけません

▼Go To トラベル

旅行者向け Go To トラベル事業公式サイト
Go To トラベル事業は、旅行者・事業者の感染予防対策を中心に国民の健康や安全を第一とし、停滞している日本経済の再始動を図るために立ち上げられた事業です。「旅行者向け Go To トラベル事業公式サイト」では事業概要・旅行商品・地域共通クーポンの加盟店、各情報を掲載しております。
スポンサーリンク

予約方法

利用した予約サイト

今回は「エアトリ」を利用しました。選んだ最大の理由が出発2日前でも手配できたからです!

ツアーにしてもダイナミックパッケージにしても結構先の日付を指定しないといけなかったりします。この時期の沖縄は台風が来ますので、あらかじめ先に予約していると当日台風で欠航なんてことが普通にあり得ます。

このような事情から、直前予約が可能なエアトリをお勧めします!

▼エアトリ

格安航空券を比較・予約|飛行機チケット・LCC(国内線)予約なら【エアトリ】
格安航空券・飛行機チケット・LCC(国内線)の比較サイト「エアトリ」です。エアトリなら、日本国内の航空会社14社の一括比較検索ができます。LCCの格安航空券はもちろんその他の割引チケットも取り揃えております。さらに、海外航空券や海外ホテルの予約も最安値一括検索ができます。会員の方にはご購入額の2%がポイントとして加算さ...

調べ方

前述のエアトリへ接続して、「国内旅行券+ホテル」を選択します。

「すべての航空券+ホテル」が初期状態で選ばれた状態になっていますので、それ以外の諸条件を入力し、「最安値を検索」をクリックします。

選択肢を広げるため大阪や東京の方は、に出発地は「大阪(伊丹・関空)」、「東京(羽田・成田)」を選択することをお勧めします。

次のページでこのように表示されます。ちなみにこれが私が最終選択した組み合わせです。航空券やホテルは次の手順で選択します。

(※スクリーンショットを取り忘れたので別日付の検索)

先ほどのページを少し下に行くと、まずは航空券を選択する部分が表示されます。

初期状態だと、往路・復路共に最安値が選択された状態になっています。金額面を重視するのであればこのままでもいいのですが、このままだと時間が微妙だったりするので、好みに合わせて調整します。

当たり前ですが、微妙と思うような時間帯が大体安いです。私が検索したとき、2泊3日で夕方帰ってくるパターンと、3泊4日で昼帰ってくるパターンで3,000円くらいしか変わらなかったので(うろ覚え)、「それなら3泊で」ということにしました。

ちなみに私は「行きはPeach、帰りはJAL」という組み合わせにしました。

(※スクリーンショットを取り忘れたので別日付の検索)

航空券を選択後、さらに下のページに行くと次はホテルの選択です。こちらも同様に最安値ですが、私は「おススメ順」にソートしなおすことをお勧めします。

最終的に選択が完了しましたら「このプランで予約」をクリックします。ボタンの上にはGo To トラベル適用前の金額と割引額、そして実支払額が表示されます。

予約内容の確認画面に映りますので、上から順番に間違いがないか確認します。

(会員登録のある場合 ※ログイン済)

(会員登録のない場合)

私はあらかじめ会員登録してログインしておいたので2つ手前の画像の画面ですが、会員でない場合は会員登録する選択肢が表示されます。会員登録は必須ですので、その場合はメールアドレスを入力して右側のボタンを選択しましょう。

(会員登録のある場合 ※ログイン済)

(会員登録のない場合)

会員登録があって変更のない場合は「旅行者情報入力へ」をクリックするだけ。会員登録がなければ各情報を入力します。

同じような情報になりますが、各必須項目を入力します。

最後まで入力しましたら「受託手荷物へ」をクリックします。

※LCCを使わない場合は受託手荷物入力画面は出てこないかもしれません。

わたしはリュック一つで行きますので、受託手荷物は0個を選択しました。選択後は「お支払方法へ」をクリックします。

旅行者情報入力画面になりますので各項目を入力します。直前だったためか支払方法はクレジットカードのみでした。

また、「居住地情報の選択」はGo To トラベルで重要な項目です。噓偽りないように選択しましょう。

入力が完了すれば「次へ(入力内容確認へ)」をクリックします。

最終の確認画面となります。この次へ進むと間違いがあっても訂正できません。

最終の項目「5.規約のご確認」では各種条件を確認のうえ、チェックボックスにチェックを付け「完了へ(決済・予約手続き完了)」をクリックします。

しばらく決済中の画面が続きますが、最終的に問題なければ予約完了の画面へ遷移します。

ちなみに私はこの最後の支払いでカードにロックが掛かり、一からやり直す羽目になりました…。

スポンサーリンク

まとめ

Go To トラベルキャンペーンを利用し、うまく航空券とホテルを組み合わせることで沖縄旅行も22,390円と格安に旅行することができます。なんだったら帰りにJALのクラスJを利用しても格安と言える価格で済みました。

タダでさえ、家にいることが多く何かとストレスの溜まる日々が続きますから、感染対策には十分気を付けてたまには息抜きしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました