ベルリンの空港跡地などへ行ってみる Day15

イタリアドイツ(2017.07)
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

色々回る

今日は実質最終日です。

明日は朝から飛行機なのですよ。

最後はベルリン市内を見て回ることにしましたよ。

チェックポイント・チャーリー(Checkpoint Charlie)です。

ベルリンの壁にもいくつかの出入り口があって、そのうちの一つです。

チェックポイント・チャーリーの近くで、熱気球に乗ることができます。

と言っても自由に移動するわけではなく、地上とワイヤーで接続されていて150mまで上がります。

WELT WALLONと言うサービスです。

下にはカラフルな車がたくさん。

窓の無い展望台ですねえ。

窓に反射しないので嬉しいです。

スポンサーリンク

昼ごはんとか

昼ごはんはベルリン・フリードリヒシュトラーセ(Berlin-Friedlichstraße)駅の近くで食べましたよ。

[名前]Restaurant Nolle
[住所]S-Bahnbogen 203, Georgenstraße, 10117 Berlin, ドイツ

ジャガイモのスープ。

特製セット。シュニッツェル、ハンバーグ、ウインナーなど。

お姉さんが何か説明してくれたけど理解できなかった…。

食後はポツダム広場(Potsdamer Platz)へ行きました。

Mall of  Berlinでお土産など探します。

どちらかと言うと自分用お土産にぴったりですね。服とか。

スポンサーリンク

空港跡へ行く

ベルリンには知っているだけで使用している二つの空港がある(テーゲルとシェーネフェルト)のですが、そちらへ完全移行する前に使っていた空港の跡地があります。

ベルリン・テンペルホフ空港(Flughafen Berlin-Tempelhof)

空港の名前を聞いてもピンとこないと思いますが、歴史上の重要な空港です。

冷戦中ベルリン封鎖の折、燃料、生活必需品などを西ベルリンへ送るために、西側諸国、取り分けアメリカ主導で行われた「ベルリン大空輸」作戦で使用された空港なのです。

今は敷地を解放されており、自転車やランニング、バーベキューなどできる公園として生まれ変わっています。

二本ある滑走のうちの一つ。

ビルはまだ使っているのかもしれません。

ところで滑走路舐めてました。

端から端まで2kmあるんですね。真ん中まで来てしまった以上進むのにも、戻るのにも都合1km歩かなければ…。

いい運動ですね。

結局空港では1時間以上散策してました。

滅多な機会が無ければ跡地と言えど滑走路歩けませんからね。

スポンサーリンク

ホテルへ

今日は20kmぐらい歩いたなあ。

そんな訳で疲れたのと夕方なのでホテルへ。

ホテルはですね、明日早い飛行機にビビって空港近くのホテルにしたのですよ。

今まで宿泊したホテルの平均価格の倍しましたよ…。

まあでも最悪7時に起きれば間に合うので!

そんな感じでこの長い旅は、バチカンに始まり、空港跡に終わりました。

色々あったなあ。

明日は帰国です。

ちゃんと起きれるよう今日は21時に寝ますよ。早く起きる分には全く問題ないですからね。

では明日がこの旅の最後の更新になります。

ヘルシンキ・ヴァンター空港での滞在が長いのでそこで書こうかな。

では。

スポンサーリンク

Day16/17へ

スポンサーリンク

旅の日程はこちら

タイトルとURLをコピーしました