オーストリア・ウィーンに向けて出発! Day1

オーストリア(2017.01)
この記事は約4分で読めます。

関空から出発

早速国際線カウンターで航空券を発券してもらいます。今回はビジネスクラスなので専用カウンターへ。

航空券と一緒に、

ラウンジインビテーション

ファストレーンのチケット

ラウンジインビテーションは皆さんご存知。ファストレーンチケットは関空に3カ所ある保安検査場に並ばずに通過できる優先チケットです。待たなくていいのは素晴らしい!

余談ですが、チャイナエアラインはファストレーンチケットをくれないです。

これでスイスイ出国を済ませ、待ち時間はキャセイのラウンジへ。

キャセイのラウンジ写真を撮り忘れました。個人的にはJALのサクララウンジの方が好きです。

搭乗開始

いよいよ飛行機です。

窓側の席ですが1人席です。小物を入れるスペースが沢山あり収納には困りませんし、コンセントも取り扱いやすい位置にあります。また広々とした座席は両方の肘掛を独占でき、素晴らしいです。

搭乗後用意されているグッズは、

ノイズキャンセリングヘッドホン

スリッパ

アメニティセット

さすがフィンランドの航空会社。備品がマリメッコ柄に統一されています。

ちなみに座席はボタン一つでフルリクライニングになり、サイコー! 運が良ければオーロラが見えるようです。往路は明るいので何ともわかりませんが、復路は左側の座席を取りました。

離陸して少しすると機内食が始まります。機内食はこんな感じ。

meal

何かスプーンに反射してるけどキニシナイ、キニシナイ。

これ以外にも何か食べた気もするけど全然覚えてません!もっと写真とっとけばよかった!

ヴァンター空港へ

出発時間が午前ということもあり眠たくもないので、本を読んだり、映画を見たりして時間を潰します。

ちなみに私は事前の大雑把なスケジュールは決めるけど、具体的にどこへどの順番で回るというのは行きの飛行機で決めています。それも着いたその日+1日分くらいだけ。後はその時になったら考える戦法です。

そしていよいよヴァンター空港へ

「めっちゃ寒そうじゃん!」

当たり前といえば当たり前。真冬の北欧なんだから…。

何が凄いって、これ雲を抜けてすぐの写真ですからね。地上と雲までの距離がめっちゃ近い。

スポンサーリンク

トランジット@ヴァンター空港

いよいよ着いた訳ですが、これから入国審査が待ち構えてます。

目的地はオーストリアなのに入国審査はヘルシンキ。これはEU圏ならではの現象ですね。

ちなみにフィンランドのスタンプですが、一番最後のページに押されます。

お国柄がでますよね。

日本、台湾、ドイツは律儀に前から。フィンランドは最後。そしてカナダはど真ん中。面白いです。

さてさてこのヘルシンキヴァンター空港。割とコンパクトなつくりになっていてトランジット(乗り換え)は非常にわかりやすい。


(引用:Helsinki Airport公式YouTubeチャンネル)

公式から少し拝借しました。

そしてこの空港、一部の国籍(アジアは日本と韓国のみ)は入出国を自動化ゲートで行います。(自動化ゲートを使わないときもありますが…)

Shopping at Helsinki Airport | Finavia

パスポートスキャン

全身スキャン

入国審査官からスタンプもらう

すぐ終わります。

で、入国審査が済んだら次はEU圏出発エリアへGO。

あ、草間さん。

まさかこんなところで見かけるとは…。

そんなこんなでウィーン行きのゲートへたどり着きました。

gate

ウィーンって言う日本語の読み方ちょっと不思議で、英語だとVienna(ヴィエナ)だし、ドイツ語だとWien(ヴィーン)なのに読み方混ざってますよね?

待ち時間はそこそこありました。1時間くらいかな。何もないので適当にガイドブック読んで時間つぶしました。

そしていよいよ搭乗。沖止めなのでバス移動。

transit

何度も言いますが「めっちゃ寒い。」

バスは飛行機の前に乗り付けるものの、飛行機は前の入り口しかないから時間がかかります。その後10分くらい待機でした。

もうね、さらさらの雪が地面の上を走っているんですよ。手が痛かったです。

そんなこんなで搭乗し、いよいよウィーンへ。

スポンサーリンク

やっとウィーン

めちゃくちゃ疲れました。やっと着きました。

空港からはウィーン・ミッテ駅まで直通のCAT(シティエアポートトレイン)で楽々です。

今日はウィーン1泊していよいよ観光開始。

city airport train
スポンサーリンク

Day2へ

旅の日程はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました