さらばウィーン、日本へ帰国 Day6/7

オーストリア(2017.01)
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

いよいよ最終日

1週間と言うのはあっという間です。

1日自由に動き回れるのも最後。

最終日はウィーン市内の観光名所を回り、基本的には例のリンクの内側を散策しました。

色々回った筈なんですが、途中から写真がなくて思い出せないところがたくさん…。

シュテファン大聖堂
シュテファン大聖堂

シュテファン大聖堂を見に来たついでにオーストリアで有名なお土産manner(マンナー)のウエハースはバッチリ専門店で買いました。ウエハースも色々置いてあって悩みます。

ちなみに買い忘れても大丈夫。空港でも売ってます。(多分スーパーの方が安いですが…)

シェーンブルン宮殿
シェーンブルン宮殿
工事中。残念。
工事中。残念。

シェーンブルン宮殿。残念ながら工事中です。もうしばらくかかるそうな。

シェーンブルン宮殿にて
シェーンブルン宮殿にて

馬車がありました。かわいい。

移動して市立公園(Stadtpark)。お花やさんも絵になりますねえ。

おっと保存していた写真はここまで。

さすがに思い出せないです。残念。

他にもリンクの内側を散策しました。もっと写真を撮っておけばよかった。

そして気がつけば夕方。いよいよ旅も終わりです。

スポンサーリンク

ヘルシンキへ向けて

ウィーン国際空港へ

翌朝。帰国に向けてヘルシンキへ出発です。

ちなみにウィーンでは出国審査はありません。来た時と同様、EUでの最終寄港地であるヘルシンキで出国です。

旅行したのはオーストリアなのにパスポートのスタンプはフィンランドなので不思議な気持ち。

でもそのうちフィンランドも旅行したいな。

ひとまずウィーン国際空港へ。

空港へは来た時と同様、CAT(シティエアポートトレイン)にてウィーン・ミッテ駅から直行です。

来た時はそこまで感じませんでしたが、結構広いです。

ヘルシンキへのフライト

ヘルシンキ行きのゲートは結構歩きました。

本当は帰りもビジネスだったのでラウンジ使えたはずなんですが、制限区域にはラウンジがない?

説明してくれたけどちゃんと聞いてなかったのがよくなかったです。

ちなみに帰りのビジネスクラス、ウィーン=ヘルシンキ間はめちゃくちゃ微妙です。

と言うのも普通の3列エコノミーの真ん中を使っていないだけだから!

エコノミー:●●●

ビジネス :●〇●

こんな感じ。

でも機内食は豪華でした。

かわいい
グラスがかわいい

3時間程度の短い旅も終わり、ヘルシンキへ。

空と地面がものすごく近い。

非EU圏出発ゲートへ

ヘルシンキへ着いたらさっそく出国審査。

入国時と同様、自動化ゲートです。

ヘルシンキではちゃんとラウンジへ行きました。

さすが本拠地、ものすごく広いラウンジ。

料理は食べませんでしたが、ビールをずっと飲んでました。

あのアップルフレーバーのビールはなんだったかな。思い出せないのですが結構美味しかった。

銘柄が知りたい。。。
銘柄が知りたい。。。

関西空港へ

そんなこんなで搭乗時間です。

そう言えば今回の座席、オーロラが見えるかもしれないと言うことで帰りは左舷側を取ったのですよ。

まぁ今回は残念ながら見えなかったのですが…。運が良ければ見られるらしい!

ヘルシンキ便でも食べたけど、また機内食。

これが夕ご飯となった。
これが夕御飯となった。

ちなみに帰りの便では飛行機で使えるWiFiのクーポンコードがもらえます。

エコノミーは多分買わないといけないと思います。

ただあまり接続状況はよくなかったですね。飛行機のWiFiも最近ようやくスタンダードになりつつあるので今後の成長に期待あるのみ。

大阪・関西空港へは翌朝に着くのでこの後睡眠タイムになりますが、私の場合どんな状況でも飛行機で眠れないのが悲しい。

そして翌朝関西空港着陸。

スポンサーリンク

帰国

今回はオーストリア、ドイツ、スロバキアを1週間で旅をしました。

3カ国旅するハードスケジュールで若干きつかったです。

ヨーロッパは地続きながら国境を越えるとガラリと雰囲気が変わり、その度新鮮な気持ちになり楽しかった。

また人生初の旧東側諸国を訪れ、今までに味わったことのない不思議な空気を味わいました。

そのうちロシアも行って見たいですね。

オーストリアもまだウィーンとザルツブルクに行っただけなので他の地域も行って見たいです。今回はいけなかったですけども、ゼメリング鉄道はものすごく興味があります。

[追記(2019/06/16)]その後ゼメリング鉄道乗りました。

皆様もたまには足を伸ばしてヨーロッパに行って見てはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

旅の日程はこちら

タイトルとURLをコピーしました