那覇市内とDMMかりゆし水族館観光!

九州・沖縄
この記事は約12分で読めます。

3日目のメインプランは焼失後の首里城観光と、今年(2020年)の夏開業した那覇空港近くのイーアス沖縄豊崎を観光してきました。イーアス沖縄豊崎にはDMMかりゆし水族館が隣接しておりこちらにも行ってきました。

スポンサーリンク

朝食/第一牧志公設市場

朝の9時から公設市場が開いているので、ホテルから徒歩で行くことに。日差しの向きを考えながらできるだけ影になる部分を歩きます。

国際通りを北進し、ローソン国際通松尾店の交差点を右折すれば坂道の下に見えてきます。

このようにプレハブを積んだような建物が第一牧志公設市場です。

とりあえず入ってみましたが、時間を間違えた感が凄い。

店舗が軒並み閉まっていました。

まあやってるところもありましたが…。

2Fが食事コーナー。

やっぱり時間間違えたよね。昼くらいに来るのがベストかもしれないよね。

選択肢は少ないですが、開いていた豊年というお店に来ました。

メニューはこの通り。朝食なのでライトにゴーヤチャンプルー定食(880円)にしました。

何だかんだでやっぱりゴーヤは苦かった。

食後は商店街をブラブラしつつ、ゆいレール牧志駅へ向かいました。

観光地情報

施設名第一牧志公設市場
住所〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2丁目7−10
電話番号+81988676560
URLhttps://kosetsu-ichiba.com/
営業時間8時~21時
※但し店により異なる
定休日第4日曜日(12月除く)
月・旧正月・旧盆等
スポンサーリンク

モノレール乗り放題切符購入

牧志駅に着きました。

ここで購入したのがゆいレールの1日乗車券(800円)。

この1日乗車券の有効期限ですが、終電までではなく24時間まで有効です。先に言っておきますが、バスの周遊パスとは違い元はしっかりとりました(笑)。なんだったら翌日も利用したのでかなりお得になりました。

そしてゆいレールの切符は改札に通すタイプではなく、このQRコードを改札にタッチします。初心者には狙いすましてQRコードリーダにタッチするのが慣れないです。

首里駅まで向かいますが、電車が勾配を駆け上がっていく様子が最前席からよくわかりました。

スポンサーリンク

那覇市編 Part1

首里城

首里駅を降りたところにルートの説明がありました。またしてもQRコードですが、こちらを読み取ると首里城方面の各ルートを、写真付きで分かりやすく解説しているサイトにつながります。

上の毛公園ルートで行くことにしましたが、守礼門も見たかったので途中で遠回りすることにしました。

公園の中を首里城の方へ向かって散策していきます。

途中で選択肢が出てきたので、右側のコースで行きました。

モノレールに乗っていてよくわかりましたが、やはり標高が少し高いので那覇市内が一望できます。

途中から別の道と合流するので、城壁に沿って一本道を進んでいくと守礼門に着きます。

上の毛ルートですとこの久慶門(きゅうけいもん)から首里城へ入ります。私はここからは入らず、もう少し進みます。

そして守礼門に着きました。子供のころ来たことがあるのですが、全然記憶にないですね。

来た道を少し戻って、歓会門(かんかいもん)から首里城内部へ。

門の前にはモデルコースの説明がありました。

ここからまたいくつかの門を越えて中心部へ向かいます。次は画像中央の階段へ。

これは瑞泉門(ずいせんもん)。

次が漏刻門(ろうこくもん)。漏刻というのは中国語で水時計を意味し、この門の櫓の中に設置されていたんだそうです。

門を抜けたところですが、ここからも那覇・浦添市街を一望できます。

そして廣福門(こうふくもん)。ここまでが首里城の無料で入られる区域になります。

その先は先般焼失し、復興作業中の有料区域となります。

廣福門を抜けたところにチケット販売コーナーがありますのでこちらで購入しましょう。

料金は400円です。ゆいレールの乗り放題券があれば320円なんですが、その事実を後になってから知りました(泣)。

偽造対策っぽい加工のされたしっかりしたチケットでした。

奉神門が有料・無料区間のゲートになっており、通常ですと係員の方がチケットの半券をもぎってくれるんだと思うのですが、今はコロナ対策のため自分でもぎって半券入れに入れる仕組みになっていました。

さっそく入ってみましたが、綺麗に何もないですね…。中心に見えているのは御庭(うなー)で、四方を正殿、北殿、南殿、奉神門に囲まれていた場所でした。

こちらは正殿の前にあった大龍柱。火災後も残っていましたが損傷があったため補修作業がされています。

正殿の基礎や建築物の装飾品の遺構が展示されていました。

世誇殿(よほこりでん)では首里城VR体験なるイベントが開催されています。

何やらメディアも来ていており、よくわからない感じだったのでここはパス。

裏手には東のアザナへ向かう通路があります。

漏刻門よりは標高が高いので、少し眺めも良くなったかな。

ここからは本来正殿の裏が見えていたのでしょうね。

湯屋は女官たちの浴室だったそう。

ここからは少しずつ出口に向かって回っていきます。

淑順門(しゅくじゅんもん)から外に出ました。

銭蔵(ぜにくら)と呼ばれるところが休憩所になっており自販機や手洗い場がありますよ。この日も30℃くらいで汗がダラダラです。

完全に首里城から出ました。こちらは臨済宗円覚寺。

実は自分ではゆいレール首里駅方面に向かっているつもり(往路と同じルートで帰ろうとしていた)でしたが、道を間違えていた様子。円覚寺を過ぎたあたりで気づきました。しかし距離的にはたいして変わらない首里駅と儀保駅、どちらが標高が低いのかを考えると儀保駅であるとこれまた気づいたので方針転換しました。

基本下りなんで楽です。

割とすぐに着いたよね、儀保駅。

観光地情報

施設名首里城
住所〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町1丁目2
電話番号+81988862020
URLhttps://oki-park.jp/shurijo/
営業時間9:00~17:30(有料区間)
8:30~18:00(無料区間)

Tギャラリア沖縄 by DFS

次にどこで降りたかと言うと、おもろまち駅。

ここには免税店である「Tギャラリア沖縄 by DFSがあります。「日本人が免税店なんか入れないでしょ?」って普通思いますが、沖縄に関しては特例で県外に出ることを条件に日本人も免税で買い物ができるのです。

駅直結でアクセスが良いです。

入場時には体温検査がありました。入場しておいてあれですが、特に買いたいものは無かった。

ちなみに免税対象となるのは関税ですので酒税、たばこ税、消費税はかかるんだそうです。

店舗情報

店舗名T ギャラリア 沖縄 by DFS
住所〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち4丁目1
URLhttps://www.dfs.com/jp/okinawa
営業時間11時~20時
スポンサーリンク

豊見城市編

イーアス沖縄豊崎

「イーアス沖縄豊崎」は今年(2020年)にオープンしたばかりのショッピングモール。出発前によく立ち寄るアウトレットモールである「あしびなー」のすぐ近くにあります。

イーアス沖縄豊崎に行くにはあしびなー同様直通の有料路線バスが出ています。

95系統のバスで、乗り場は4番です。

バスは20~40分に一本出ており、あしびなーを経由してイーアス沖縄豊崎に向かいます。そして運賃はあしびなーまでは250円、イーアス沖縄豊崎までは300円。

所要時間は約30分程度。

到着しました。ちなみにバスは左手の建物の目の前です。

土曜日でしたが特に混雑はしていませんでした。

こちらはアウトレットモールではなくショッピングモールなので観光客向けではないかもしれませんが、隣接する「美らSUNビーチ」から歩いてこれる距離なので、何か急に必要なものが出てきたときには重宝するかもしれませんね。

店舗情報

店舗名イーアス沖縄豊崎
住所〒901-0225 沖縄県豊見城市字豊崎3−35
電話番号+81988406900
URLhttps://toyosaki.iias.jp/
営業時間9時~23時

ランチ/A&W

沖縄で行ってみたかった店の一つ、A&Wです!

ファストフード店なんですが、沖縄にしかないので是非トライしてみたいと思っていました。

店内はオレンジをベースとした少し派手な壁面があったりと新鮮。

期間限定のホットメルティにポテトを付けて、飲み物はやっぱりルートビアにしました。

ちなみにルートビアはおかわり自由です!ただ味の好みはわかれますよね。系統でいうとドクターペッパーや台湾の黒松沙士と同じような味です。

まあおかわりはいらんかな…。そしてセットメニューで1000円オーバー!美味しかったけど高い…。

店舗情報

店舗名A&W イーアス沖縄豊崎店
住所〒901-0225 沖縄県豊見城市字豊崎3−35
電話番号+81989963399
URLhttps://www.awok.co.jp/shopsearch/iiasokinawa/
営業時間10時~21時

DMMかりゆし水族館

モノレールに乗っていると広告がでているので「へぇ~、そんなんあるんだ」くらいにしか考えていませんでしたが、イーアス沖縄豊崎に併設されているのは来て初めて知りました。

せっかくなので行ってきました。

入館料は2,400円。意外と結構するなと思いましたが、それだけの価値はあったかと思います。

入り口はゆいレールの改札みたいな感じです。

中に入るとまずはちょっとした映像作品を視聴します。それが終わればいよいよ実物にご対面です。

この水族館では、水槽の前に魚の名前や生態の説明版が一切ないです。代わりに専用の水族館アプリをインストールし、水槽の近くにある「スマホを近づけてください」にかざすと、アプリ上でその詳細を確認できるというシステムです。

絶賛通信規制中でしたのでアプリのインストールにとても時間が掛かりました…。この水族館ではスマホがないと半分くらい楽しめないので事前にインストールしておくことをお勧めします。iPhoneもAndroidも対応しているので、それぞれのStoreで「DMMかりゆし水族館」と検索すれば出てきますよ。

水族館だけど動物園。

ふくろうもいるよね。

それほど大きな水族館ではないですが、じっくりと見て回れば1時間以上はかかると思います。子供から大人まで楽しめるのでお勧めです。

個人的には初めて見たチンアナゴに感動しました。

店舗情報

店舗名DMMかりゆし水族館
住所〒901-0225 沖縄県豊見城市字豊崎3−35
URLhttps://kariyushi-aquarium.com/
営業時間10時~21時
スポンサーリンク

美らSUNビーチ

イーアス沖縄豊崎やDMMかりゆし水族館から徒歩圏内にある「美らSUNビーチ」。人口の海岸だと思いますが、この画像の通り非常にフォトジェニックなところです。

海辺で撮影するのは不審者に間違われそうで嫌でしたが、こちらは南側の遊泳禁止区域。幸い浜辺に人がいなくてよかったです。

泳いでいいところで泳ぎましょう。

そしてこのビーチは那覇空港の滑走路の延長線上にありますので、ご覧の通り飛行機を真下から見上げられるポイントです。南側からの着陸の時はまた違った見え方になると思います。

スポンサーリンク

那覇市内 Part2

赤嶺駅/日本最南端の駅

再び那覇空港に戻ってきて、またモノレールに乗ります。

まあ1駅だけなんですけどね。

駅やその周辺に何かあると言う訳ではないです。ただただ日本最南端の駅だから来ただけです(笑)。

記念碑が微妙に遠いところにあり、探しました。

観光地情報

施設名ゆいレール赤嶺駅
住所〒901-0154, 2丁目 赤嶺 那覇市 沖縄県
電話番号098-859-6602
URLhttps://www.yui-rail.co.jp/routemap/akamine/

漫湖

男性諸君、小学校のころ地図帳を眺めて見つけてしまいましたよね。そうです、例の湖です。

別に観光名所ではないですが、謎の使命感に駆られて行ってしまいました。

最寄りの奥武山公園駅(おうのやまこうえんえき)から住宅街を通って向かいます。周りは漫湖公園となっており学生の姿もありました。

道路の下を通って…。

見えました。これが漫湖です。

実はこちら、”湖”となっていますが本当は干潟(湿地)なんです。しかもラムサール条約にも登録されており、渡り鳥の中継地点であると共に、絶滅が危惧されている「クロツラヘラサギ」という鳥の個体も確認されている重要な干潟なのです。

名前こそ小学生のネタになりますが、思いのほか重要な所で調べているうちに感心してしまいました。

漫湖の環境や生態については下記のサイトが詳しいです。

観光はここで終わりです!

▼漫湖水鳥・湿地センター(外部サイト)

漫湖水鳥・湿地センター | Manko Waterbird and Wetland Center
スポンサーリンク

夕食/天下一品

夕食は帰り道に見つけた天下一品です。

まあ京都発祥だしいつでもいけるんですが、この小禄店はセカンドラストな店舗なんです。どういうことかと言うと、日本で南から数えて二番目の店舗なんです!

ちなみに最南端は宮古島(笑)。

たまにこのドロドロしたスープが特徴なラーメン、食べたくなりますよね。

夕食をいただいて本日の日程は終了。翌日は帰阪です!

店舗情報

店舗名天下一品小禄店
住所〒901-0151 沖縄県那覇市鏡原町10−2
電話番号+81988598220
URLhttps://www.tenkaippin.co.jp/shop/detail.php?pref=okinawa&id=264
営業時間11時~翌1時
スポンサーリンク

参考資料

施設の全体地図
琉球王国の政治・外交・文化の中心地として威容を誇った首里城。荘厳な城門をいくつも通ると現れる正殿は、琉球王国最大の建造物です。中国と日本の築城文化を融合した独特の建築様式や石組み技術には 高い文化的・歴史的価値があるとされ、世界文化遺産に登録されました。
特定免税店制度 (沖縄) - Wikipedia
漫湖 - Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました