ニコシアへ移動し、北キプロス観光【4日目】

キプロス(2022.12)
この記事は約6分で読めます。

キプロス旅行4日目はパフォスから首都ニコシアへ移動し、さらに北キプロスへ…。

この記事の旅程

▼この旅の一覧、費用のまとめはこちら。

スポンサーリンク

03.ニコシア

4日目の朝。

宿泊したAgapinor Hotelの朝食バイキング。

日本のビジネスホテルのように複数の惣菜がある訳ではなく、基本的にはパンとサンドイッチの材料になる惣菜。惣菜はウィンナーやスクランブルエッグ、後は豆のスープくらいです。

さて、朝食も終えてこの日は首都ニコシアへまたIntercity Busで移動。

出発地はリマソールから乗車してきたときの終点でもある「Old Pervola (Market)」。その駐車場の一角。

その駐車場にはなぞの遺跡のようなものがあるのですが、結局何者かは不明…。

ここでも人懐っこい猫ちゃんに遭遇。キプロスにおいては猫に合わない日は存在しない様子です。

この駐車場の一角に大胆な止め方をしているのがニコシアいきのIntercity Bus(インターシティバス)のようです。

出発時刻については常時更新されると思いますので、下記の公式サイトをご確認ください。

▼(外部リンク)Intercity Buses/Nicosia=Paphos時刻表

Λευκωσία – Πάφος / Πάφος – Λευκωσία – InterCity Buses

このバスしか停まっていなかったので多分大丈夫かなと思いましたが、念のため運転手に行き先を確認し問題ないことを確認。

大きな荷物はバスの荷物入れに入れるように指示されました。

ちなみに下車時には荷物入れを開けてもらうように確実に伝えましょう

ドライバーによると思うのですが基本適当です。言わなければ終点であろうがろくにミラーも見ずに去っていきます。

私はこの路線ではないですが、ニコシア=ラルナカのIntercity Busで荷物を持ち去られそうになりました。しかも逆切れ付き。

さて、ニコシアまでは約2時間の旅です。

2時間もあれば景色を眺めているだけでは飽きてきますので、ニコシア到着後のプランを検討・確認するのが良いですね。

ニコシアの街に入ってくると、やはりまとまって建物が多く、パフォスとの規模の違いがよくわかります。

やがてバスはニコシアにおけるターミナル駅である「Solomou Square」へと到着しました。

この駅はIntercity Busだけではなく、市内路線バスのターミナル駅でもあるので乗換は便利です。そして旧市街の外輪部分に接しているので観光にも便利です。

乗換についてはバス企業であるCyprus Public Transportが提供する「Pame Mobile App」アプリが比較的役に立ちます。

▼(外部リンク)Cyprus Public Transport

Pame Mobile App - Cyprus Public Transport

ただ日本の乗換案内アプリのような正確性は持っておらず、使い勝手は悪いので多少コツは必要かもしれません。(再検索がうまくいかないだとか…)

Altius Boutique Hotel

まずは荷物が邪魔なのでホテルへ。

残念ながらこの時Pame Mobile Appの存在を知らず、別のアプリを利用していたんですがそれが全く使い物にならず、どのバスかがよくわかりませんでした。

歩いても十数分の距離でしたので、一旦は歩いて行くことに。

宿泊する「Altius Boutique Hotel(アルティウス・ブティック・ホテル)」は市内中心部からほど近い場所にあり、交通量も落ち着いている閑静な所にあります。

なお、ホテルのレセプションは幹線に面した側ではない方(この中央のビル右手)から入ります。

でないと多分バーのレセプションに引っ掛かり、スタッフが出てきません(笑)。

この画像の右がそのバー(?)のレセプションで、ホテルのレセプションは写真中央を右手に行ったところにあります。

私の他に2組ほど引っ掛かっていました。もし宿泊する方は参考に…。

部屋は十分に広くて快適です。

ちなみに私は予定より2時間くらい早く到着してしまったので、まだ全部準備できていなかった様子。

観光後戻ってくると予約の内容の通り、ベッドが1つ減っていました。

冷蔵庫やケトルなども装備あり。

バスルームについてもゆったり浸かれるサイズのバスがついていました。

ただ唯一気を付けないといけないのが、フロアに排水溝がないので溢れさしたら最後です。びしょびしょです。

アメニティセットも一般的なものはすべてそろっています。

(ヨーロッパのビジネスホテルは基本カミソリ、歯ブラシはなし)

ホテル情報

ホテル名Altius Boutique Hotel(アルティウス・ブティック・ホテル)
住所Acheon 1, Nicosia 1101, P.O. Box 24330, Nicosia 1703-Cyprus
電話番号+35722255540
URL(外部リンク)公式HP
予約公式HP
hotels.com(日本語で予約可能)

北キプロスのニコシア観光

さて、ホテル到着後は再度「Solomou Square」へ。

今度は存在に気付いたPame Mobile Appでうまくいきました。

そしてほど近くにある旧市街のメインストリートである、レドラ・ストリート(Ledra Street)へ。

ニコシアについて早々チャレンジングなことに挑戦します。

それは同じニコシア観光には違いはないのですが、北側地域(通称北キプロス)を観光すること。

詳しくは下記の記事にまとめております。

▼分断都市ニコシアの北側観光

McDonald’s Ledras

さて、北側の観光を終えて再度レドラ・ストリートへ。

なぜタイトルにあるようにマクドナルドを紹介するのかと言うと、マクドナルドではお持ち帰りサラダを購入することが可能だから!

基本店で提供される料理、1人分が多めです。そして毎度毎度そんな分量の料理を食べていると胃もたれしてきます。

そんな時はマクドナルド!比較的手ごろな価格でお持ち帰りサラダの注文が可能!

こんな感じのフレッシュなサラダ!

こちら値段も5.5ユーロと比較的財布にやさしいお値段でした。

ビールをキオスクで買ってきても合計10ユーロくらい。

以後、夕食は基本的にこの戦法で行くことにしました。朝と昼はしっかり食べてますからね。

4日目は北側のニコシア観光を楽しみました。

5日目以降、今度は南側のニコシア観光をすることにします。

店舗情報

店舗名McDonald’s Ledras
住所Ledras 160, Nicosia 1011 キプロス
電話番号+35722662603
URL(外部リンク)公式HP
営業時間日~木:08:00~25:00
金・土:08:00~26:00
スポンサーリンク

次の記事

ニコシア旧市街観光街並み編【5日目前編】
キプロス5日目は旧市街観光。クリスマスでどこもお休みなので外から楽しめるところが中心。

コメント

タイトルとURLをコピーしました