自転車でコペンハーゲン観光と対岸のマルメ Day2

ヨーロッパ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

コペンハーゲンは自転車天国

コペンハーゲンと言えば自転車!と言うくらい自転車が多く、また自転車用の道路が整備されていることが特徴です。

コペンハーゲンで自転車に乗ってみよう!
こんにちはー。 いつになったら夏がくるの??と待っているうちに、すでに8月。 まさかこのまま秋に突入か!、とい…

自転車用の信号があったりと日本では考えられませんね。中心部の観光地を回るのであれば自転車は小回りも効いてとても便利です。

今回はいろんな方のブログを参考にレンタル自転車に挑戦してみました。海外旅行で自転車を借りるのは初の試みです。

レンタル自転車業者はたくさんあるのですが、一番敷居の低そうであったBycyklen」を選びました

Bycyklen
Københavns kollektive el cykel

こちらを選んだ理由としては仕組みが一番わかりやすかったから。

1時間当たり30 Kr.の費用で街にたくさんあるレンタルスポットに乗り捨てができる!

利用の為にはあらかじめアカウントを作成しておく必要があります。

先ほどの公式サイトでIDとPWをサクッと発行しておきましょう。登録時必ずクレジットカードorデビットカードが必要で、デポジットとしてDKK 200(3,000円くらい)が課金されます。これは初めての利用でカードが有効であると認識されれば返金されますので気にせずに!

先ほど作製したIDとPWがレンタル自転車のアンロックで必要となります。

早速中央駅の近くで自転車にログインし、市内散策に出かけます。

コペンハーゲン市庁舎

まずは市庁舎(写真は前日のもですが…)

写真にある自転車マークのところを走ります。

ニューハウン

カラフルな建物が並び、綺麗な街並みです。

この時自転車からしばらく離れましたが、もちろん一時的なロックをすることも可能!止めている間も課金されますが、一から借りなおすとまた余計な費用が発生するのでロックをお勧めします。

アンロックもIDとPWを入力するだけ!

人魚姫(リトルマーメイド)

アンデルセンの童話で有名な人魚姫像。ここは観光客が沢山。隣にはカステレット要塞もあります。

聖パウル教会

ぶらぶら散策中に見つけた教会。

返却

ローゼンボー城近くのNørreport駅で返却を行います。

自転車をスポットにあるドックのレールにそって前輪をはめるだけ!

分かりにくいですが、返却が完了すればこのような表示になります。明細書も登録したEmailアドレスに送ってくれるので助かりますね。

昼ご飯

返却スポット近くのレストランへ行きました。

[名前]Restaurant Det Lille Apotek
[住所]Store Kannikestræde 15, 1169 København, デンマーク

Det Lille Apotek
★★★★☆ · デンマーク料理店 · Store Kannikestræde 15

ランチプレート的なのを頼みました。

ビールも頼んで3,000円くらいだったかな。

真ん中の魚の酢の物がおいしかったな。やっぱり海に近い街は魚に限りますね。

フライングタイガー

数年前日本に店舗ができたときは話題になりましたね。

コペンハーゲンが本拠地です。

スポンサーリンク

スウェーデンのマルメへ

街中をブラブラしながらコペンハーゲン中央駅まで戻り、隣国のスウェーデンは第三の都市であるマルメまで行きます。

デンマークの電車ってとても特徴的なんです。

こんな形の電車を見たのは人生で初めてです。タイヤみたい。

SIMの設定

一応デンマークからすれば海外です。

スウェーデンに入るとネットワークが繋がらなくなるのでAPNの設定をしましょう。(デンマークで設定したものは利用できません)

とはいえ、ものすごく簡単。

しかも設定内容をSMSで送ってきます。

言われたとおりに下記の設定をしてしまいましょう。

名前:Lycamobile

APN:data.lycamobile.dk

こちらも名前は何でもOKです。

これでネットワークに接続されます。

マルメ市庁舎

教会とか宮殿みたいですね。

Frans Suell像

誰かわからないけどもマルメゆかりの人物。

世界海事大学

綺麗な建物ですね。

灯台

マルメの古い灯台です。

スポンサーリンク

ホテルへ

5時くらいになってきたので昨日から泊っているホテルへ。

この時期のヨーロッパは21時でも明るいので間隔が狂います。

コペンハーゲン近郊のホテルは高いので、郊外のHøje Taastrup(ホイェ・タストルップ)駅近くのクオリティ ホテル ホイェ タストルップを取りました。

朝食付きで一泊7、8000円くらい。すぐ隣に線路があるので多少電車の音が気になります。窓からは電車、気動車がよく見えるので一部の人にはご褒美かも。

ちなみにこの駅の周りなんですが、建物はそこそこあるのに人の気配がしない奇妙な街です。平日なので休みと言うわけではないと思うのですが…。

ついでに言うとレストランなんかも全然ないので食べてから帰ってくることをお勧めします。

明日はいよいよ「渡り鳥ルート」!

スポンサーリンク

Day3 前半へ

スポンサーリンク

旅の日程はこちら

タイトルとURLをコピーしました