ファンタジー感満載。ノイシュバンシュタイン城へ Day8

この記事は約 3 分で読めます。

この記事は 2017年07月12日 に作成された記事です。最新の情報もご確認ください。

目次

ノイシュバンシュタイン城へ行く

少し遠出

本日はノイシュバンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)に行って来ました。

この城はシンデレラ城のモデルになったとか。

ここへ行くためには最寄りのフュッセン(Füssen)まで電車、そこから麓のシュバンガウまでバスで、そして最後に徒歩、バスまたは馬車で山の上の城まで行きます。

まずは電車ですが、今回はバイエルンチケット(Bayern-ticket)をDBの券売機で購入しました。お値段25ユーロ。

このチケットの特徴はバイエルン州の電車、地下鉄、トラム、バスに、平日は9時から翌3時、休日は0時から乗り放題なこと。

ただし電車は鈍行に限ります。特急であるICE等は乗れません

ミュンヘンからフュッセンまで普通にチケットを買うと片道が20ユーロくらいになりますので、鈍行しか乗れない以外は完璧ですね。

DBの券売機は乗り換え案内も印刷できる優れものです。

バイエルンチケットには名前を書く列があるので記入しましょう。最初の検札の時に車掌さんがペン貸してくれました。

フュッセンに着いた

フュッセンは終着の駅です。

ここまでに至る風景はまるでハイジで見るような世界でした。iPhoneに写真がないのが残念。

駅前にはバス停があります。何番のバスが〜等はよくわからなかったのですが、皆目的は同じ。付いていくと問題ないかと。

強いて言うならホーエンシュヴァンガウ(Hohenschwangau)を通るバスですね。そこで降りますので。

山を登る

バスは10分弱くらいで到着で、この麓で入場チケットが購入できます。

購入しようと思い列に並ぼうと思いましたが何と4時間待ちでしたのでさすがに諦めました。残念。

ツアーに参加しないのがポリシーですが、今回ばかりはツアー申し込めばよかったかなと若干の後悔。

まあ外から見ることはできますから!

ここからは、徒歩、バス、馬車の選択肢がありますが、今回は徒歩で。

舗装され整備された山道をひたすら30分くらい登ります。

遠くにあった城も段々と近づいて来ました。

到着!

結構な運動量です。旅行中食べ過ぎているのでいい運動になりました。

展望台からは街を一望できます。

まるで絵に描いたようなヨーロッパの景色です。こう言う景色が見たかったんです。

そしてお城、


近くで見るとあまりよくわからないですね…。

なので一番よく見えると言われているマリエン橋(Marienbrücke)へ行きます。

道中ホーエンシュヴァンガウ城が見えます。

真ん中の城。距離感のせいか小さく見えますね。

そしてマリエン橋到着。

まさしく絶景でまるで中世の世界にタイムスリップしたみたい。

今回の旅で最もヨーロッパっぽい景色を眺めることができて大満足です。

橋には人が沢山いて、写真を撮って欲しいと頼まれて撮ってあげたりしました。

帰路へ

今度は来た道を帰りますが、帰りは下り道なので少し楽です。

途中の売店でびっくりするような値段の水が売ってました。麓の方が安いのかな?

麓のインフォメーションセンターの前にあるバス停で待つこと15分、フュッセン行きのバスに乗ります。

フュッセンからはミュンヘンまで直通。行きは乗り換えしましたけど帰りは楽でした。

今日はノイシュバンシュタイン城に行っただけで一日終わり。でも電車の旅が本当に風景が良くて楽しめました。リアル世界の車窓からです。

明日はミュンヘン市内観光というか、昼からビールとウィンナー食べようかと考え中です。昼からだと多分空いてますし。

そろそろミュンヘン以降の予定も立てなくては。

では明日はビールだけで終わりそうな気もしますが気力があれば更新します。

では。

P.S.

パン飽きた。

Day9へ

あわせて読みたい
ミュンヘンといえばビールと白ウィンナーだよ Day9 【やっぱりビール飲まなくちゃ】 1週間もすると本当にパンが飽きて来ますね。 米が食べたいです。 それはさておきパンじゃなければ問題がないので今日は市内観光を兼ね...

旅の日程はこちら

あわせて読みたい
[まとめ]ヨーロッパ縦断二週間分のコスト・ホテルの感想など 【まとめ】 旅行の日程、費用、ホテルの感想などを総集編としてまとめました。 これからヨーロッパ旅行(イタリアかドイツ)をする人、しようとしている人、参考にどうぞ...

ドイツのガイドブック

編集:地球の歩き方編集室
¥1,980 (2024/04/14 20:18時点 | Amazon調べ)

ヨーロッパの便利グッズ

*対応していない国もあります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

*このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシー ポリシー利用規約が適用されます。

目次