広大なベルヴェデーレ宮殿の庭園は無料で楽しめる【12日目】

この記事は約 4 分で読めます。

2023年のGW(ちょっと拡張)は中欧4か国(オーストリア/ハンガリー/チェコ/スロバキア)を2週間で巡る旅。12日目は今回の中欧旅行最終日。ウィーンはベルヴェデーレ宮殿を巡ります。

目次

この記事の旅程

▼この旅の一覧、費用のまとめはこちら。

あわせて読みたい
【まとめ】旧オーストリア=ハンガリー帝国領を巡る2週間の旅 2023年のGWは旧オーストリア=ハンガリー帝国領の内、オーストリア、ハンガリー、チェコ、スロバキアの街を2週間かけて巡りました。 【概要】 引用:Google My Maps かつ...

12.ウィーン

ベルヴェデーレ宮殿

さて、前回の記事では主にウィーンのリンク通り付近の観光地を紹介してきました。

次は少しはなれた場所を紹介していきたいと思います。ちなみにリンク通りでは観光に加えて映画「ミッション・イン・ポッシブル/ローグ・ネイション」の聖地巡りをしたんですが、これは別の記事で紹介しよう

▼聖地に行こう!/ミッション・イン・ポッシブル

(執筆中)

早速向かいますのはベルヴェデーレ宮殿!

行き方は色々ありますが、普通の電車だとWien Quartier Belvedere駅が最寄駅です。

後程説明しますが、色々あるアクセス方法の中でもこの駅から行くのがベスト。

ところでヨーロッパの駅のトイレに入るとこんなバウチャーもらいませんか?

これまで幾度となく貰ってきたのですが、実は使ったことが無いと言う…。まあ駅での買い物自体が割高なのであまり使う機会が無いだけかもしれませんが…。

閑話休題。

駅に到着しました。宮殿はすぐ目の前かつ、多くの観光客が向かうので人の流れに乗って行くと間違いないでしょう。

丁度私はこの地図では一番左端部分にいます。

ベルヴェデーレ宮殿は敷地内の公園に入るだけなら無料で楽しめるのも良いところ。

さて、先ほどの入口は敷地の南側にあたるのですが、ここから見えているのはベルヴェデーレ宮殿の上宮(じょうぐう)です。

ご覧のように綺麗に整備された庭園には、季節柄可憐なチューリップが多く、その風景が楽しめました。

このベルヴェデーレ宮殿の成り立ちについて触れておくと、こちらは長くオーストリアに仕えたオイゲン公の夏の離宮。

彼の実績はこのオーストリアだけにとどまらず、今回の旅の初めに訪れたハンガリーにおいても大きな成果を出したため、ブダペストのブダ王宮に彼の騎馬像もあったりします。

▼ブダ王宮のオイゲン公騎馬像

あわせて読みたい
歴史の舞台、王宮の丘へ。魅力溢れる観光スポットを巡る【4日目】 2023年のGW(ちょっと拡張)は中欧4か国(オーストリア/ハンガリー/チェコ/スロバキア)を2週間で巡る旅。4日目午後はブダペストの王宮の丘へ。 【この記事の旅程】 ▼この旅...

中にはランニングを楽しむ地元民もいたりして、観光客だけではなく、地元民にも愛される観光地であることが分かります。

さて、先ほど最寄り駅はWien Quartier Belvedereが良いと言いましたがそれには訳があります。

それはご覧の様に上宮の方が少し高い位置になっており、下宮にかけて緩やかな坂道になっているから!

拡大したこちらの画像の方がわかりやすいかも。

広大な敷地はやはり下りながら散策していくほうが楽ですよね!

1/3の距離を下ってきた所にある噴水。

ちなみに右手に見えているのはサレジアネリエン教会と呼ばれる教会であり、その大きさは結構目を引きます。

低い位置からはその造形の全貌はよく見えませんが、丁寧に手入れされているのはここからでも良く分かりますね。

迷路とは言いませんが、背の高い垣根があるスペースもあったり。

カップルや家族も多く、市民憩いの場。

しばらく歩くと下宮(げぐう)へと到着しました。なおこちらの下宮がオイゲン公の邸宅だったらしいです。

私は庭園を楽しんだのみですが、もちろん博物館になっている上宮・下宮には料金を払えば入場可能!

そこではクリムトの「接吻」を始めとした有名な絵画を楽しめる事でしょう。

ちなみに下宮北にある出口から出ると「ソ連軍兵士を讃える記念碑」と言う「?」な塔があったりします。

これは第二次世界大戦で戦死した旧ソ連兵を称えるために、(恐らく)ソ連により建てられたものですが、やはり昨今の事情により多少揉めているみたい…。

塔と噴水の前にはこのような握手をしたオブジェがあるのですが、これは近くで是非見ていただきたいです。

こんな感じで見事に1ユーロセントにより組み立てられているのです!

まとめ

オーストリアを代表するオイゲン公の邸宅であるベルヴェデーレ宮殿は美しい庭園を持ち、その風景を楽しめます。

そして観光するのであれば少し標高の高い上宮側から回るのがおススメ

特にオーストリアが初めての旅行で首都ウィーンを観光するのであれば、観光地であるリンク通りから少し足を延ばせば届く、このベルヴェデーレ宮殿もまたおススメです。

観光地情報

スクロールできます
観光地名ベルヴェデーレ宮殿 / Schloss Belvedere
住所Prinz-Eugen-Straße 27, 1030 Wien, オーストリア
電話番号+43 1 795570
URLbelvedere.at
営業時間09:00~18:00

次の記事

あわせて読みたい
ドナウタワーはウィーンが一望できる絶景スポット!【12日目】 2023年のGW(ちょっと拡張)は中欧4か国(オーストリア/ハンガリー/チェコ/スロバキア)を2週間で巡る旅。12日目は今回の中欧旅行最終日。ウィーン近郊の観光スポットを巡り...

オーストリアのガイドブック

編集:地球の歩き方編集室
¥2,090 (2024/04/13 23:54時点 | Amazon調べ)

ヨーロッパの便利グッズ

*対応していない国もあります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

*このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシー ポリシー利用規約が適用されます。

目次