大みそかをウィーンとザンクトペルテンで! Day5 前編

この記事は約 3 分で読めます。

この記事は 2019年01月15日 に作成された記事です。最新の情報もご確認ください。

目次

大晦日!の前に…

VISA DEBITカード止められた問題です。

実は29日眠る前に30日と31日(この日)のホテルを取っていたのですが、この時も何故かWEBサイトのエラーでカード決済したものの、うまくいかず現地払いに代わってましたので兆候はあったのです…。

日本とオーストリアとの時差は8時間。オーストリアの方が遅れています。

ということで日本の営業時間早めに連絡しておきかったので、オーストリアで3時頃にいったん起きました。ということは日本は同日11時。

ソニー銀行のサポートセンターへ電話します。

ただ、↑のホテルの時も日本へ電話し、結構な費用が掛かっていたので国際電話については別の方法を調べました。

ここで出てきた方法が「LINE Out」を使う方法。

具体的な方法は下記のサイトが非常に参考になり助かりました。

旅パレット
国際電話を格安に!海外旅行先での通話は「LINE Out」が大活躍 スマホユーザーの大多数が利用しているであろうLINEの、意外と知られていない通話機能をご紹介します。 「海外でも、LINEで無料通話ができることくらい知ってるんだけど?...

結果として一つ言えるのは、

[オーストリア⇒日本国際電話]

docomo:180円/分

LINE out:3円(3クレジット)/分

電話料金が1/60になります!

今回はトラブルでいいことを学びました。物凄く格安で日本に電話できました。

ただし前提条件として、

・ネットが使えること
・着信は対象外
・音質はキャリアの方が良い

となることは理解しておかなければなりません。

そんなこんなでソニー銀行に電話し多重の本人確認の末、システムに停止させられたカード利用を再開してもらえることに!

よかったよかった。

ちなみに朝7時(日本は15時)にまた起きて、ATMから出金できることを確認し本当に解決。

迅速な対応してもらって助かりました。

ちなみにこのとき「また停止させられることはあるんですか?」ということをサポートセンターの方へ聞いてみましたが、「そればかりはシステムが判断することですので…」と言われました。仕方ないですよね。

いよいよ大晦日

SIMカード調達

やっと安心して大晦日を迎えることができます。

まずはローミングをやめるためにSIMカードを調達することに。もう手遅れ感がありますが…。一応元は取りました。

マリアヒルファー通りのT-mobileショップに行きました。

12/31の大晦日でも普通に開いてるんですね。

契約したのは「8GB/10EUR/データ通信のみ」のプランです。

ショップのお姉さんからは

お姉さん

このSIMはオーストリアだけ。ドイツでは使えないよ。

わたし

オーストリアだけ?OK!

もうクロアチアSIMでこりごりです…。

お姉さん

データ通信だけでいい?通話もする?

わたし

データ通信だけで!

お姉さん

じゃあこっちに来て。SIM入れ替えるわ。

といった感じでお金を払ってSIMを入れ替えてもらいました。日本のdocomoのSIMはセロハンテープでSIM台紙に張り付けてくれました。

これで残り2日と少し、安心してインターネッツを楽しめます。

割とフランクな書き方をしましたが実際にはもう少し細かく話しかけられています。職業柄ITには理解があるのと、いつも海外でSIMを入れ替えていることもあり、大体ニュアンスでどうにかなってます。

まあ普段そんなことをしない皆さんも挑戦してみてください。オーストリアだけの短期観光ならコスパ最高です!

オペラ歌劇場

早速次の場所へ。

別にオペラに興味があるというわけではありません。恒例の映画聖地巡りです!

ここは「ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション」でも出てくる有名な場所です。

「ここで、ああなったんだな…。」と考えていると感慨深いです。

是非是非映画を見てから訪ねてみてください。楽しさ倍増です。

ちなみに「ミッション・インポッシブル」はカナダにも聖地があって、昔行ってきました。下記参考

あわせて読みたい
カナダ・バンクーバーに行ってみよう。 【バンクーバーってどんなところ?】 カナダと言ってもものすごく広いですよね。 バンクーバーはブリティッシュコロンビア州に属しています。 ブリティッシュコロンビア...

ちなみにカナダというかバンクーバーは映画聖地が多いです。

残りの観光は後半へ続く…。

Day5後編へ

あわせて読みたい
大みそかをウィーンとザンクトペルテンで! Day5 後編 【いよいよ大晦日 Part2】 前編に続いて引き続き観光。 ちなみに言い忘れてました。この日一日はいろいろ廻ると思って、24時間チケット(8EUR)を購入しておきました。 色...

旅の日程はこちら

あわせて読みたい
[まとめ]中欧旅行(少し南東欧含む)と年末年始旅行のポイント 【今回の企画】 中欧や南東欧旅行に興味がある 年末年始の海外旅行の様子が気になる 電車での出入国審査(クロアチア=スロベニア)を体験したい 2023年1月1日よりクロアチ...

オーストリアのガイドブック

編集:地球の歩き方編集室
¥2,090 (2024/04/06 20:14時点 | Amazon調べ)

ヨーロッパの便利グッズ

*対応していない国もあります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

*このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシー ポリシー利用規約が適用されます。

目次